カテゴリ

 
 
地図 > テーマ地図 > ツーリング地図 > ツーリングマップルR 東北

ツーリングマップルR 東北

※R版は通常版に比べ文字が120%と大きく、見やすくなっています。またリング綴じなので、タンクバッグに入れたり、車の助手席に置いたりと便利に使えます。

【ツーリングマップルとは?】
旅の地図『ツーリングマップル』は、前身の「2輪車ツーリングマップ」から数えて35年以上、旅人の信頼を得て出版され続けている道路地図です。この地図の最も特徴的なところは、図中にちりばめられた、ジャンルも内容も多種多様な「コメント情報」。これらのコメントは、各エリア専属の取材担当ライダーや、各地のモニター、編集者などが、毎年実際に走ったり、確認したりして得た、生の情報です。
 
スペースの制約がある書籍の地図では、ひとつひとつのコメントはせいぜい20~30文字程度と、多くは語れません。しかしだからこそ、ユーザーの想像を掻き立てる余地があります。この地図を見ていると「そこへ行ってみたい!」「知りたい!」「食べたい!」「走りたい!」と旅欲を刺激されます。WEBの世界では情報が多すぎて、ともすれば行かずとも行った気になってしまう、感動を削いでしまう一面もあります。しかし地図で自ら作る旅の体験は、まさに「冒険」であり、きっと100%の感動を味わえます。これがツーリングマップルの醍醐味です。

【2022年度版もアプリ「Route!」利用コードを同梱!】
ツーリングマップルがスマホで見られるアプリ「Route!(ルート)」。継ぎ目なく地図を見ることができ、自位置の表示や、走行ログを記録することも出来ます。プランニング時は書籍でパラパラと、出先ではアプリで現在地を確認しながら、というような併用が大変便利です。夜寝る前に、布団や寝袋の中で明日の道を見直すことも出来ます。そんなアプリの地図が12か月間使えるクーポンコードが同梱されていて、大変お得になっています。
※クーポンコードで使えるのはお買い上げいただいたエリアの地図です。全エリアが使える月額課金版もあります(¥600/月)
※書籍に収録されている地図とアプリの地図は、収録範囲や仕様に一部異なる部分があります。
※予告なく機能が変更になる場合があります。

【地図仕様を見直しました。おすすめルートはムラサキ→ピンクへ】
長年、紛らわしい仕様でユーザーにも違いが分かりづらかった「おすすめ道路」と「アクセス・抜け道」の仕様をはっきり区別しました。またコメント色分けの整理(道の駅・SAPAコメント仕様を追加)や、スポットアイコンの見直し、新規アイコンの採用(カフェ、ソフトクリーム、フォトスポット・巨木など)などなど、今後も見やすく分かりやすい地図を目指して改善予定です。新しくなった凡例ページをご確認ください。

【旅を描く地図】
今年のキャッチコピーは「旅を描く地図ーきっと、僕らは旅に出る」。2020年から続く混乱により、かつてのように、気ままに出かけにくい状況が続いています。それでも、個々人が様々な工夫や気遣いを持てば、旅をすることはできます。

※ツーリングマップルのメインユーザーはオートバイのライダーですが、すべての旅人に使える内容となっています。クルマでも、自転車でも、鉄道でも、徒歩でも。ひとりでも、誰かと一緒でも。素晴らしい旅の供に、お役立てください。

●地図内容の更新
例年同様、取材担当ライダーによる実走取材やモニター情報などをもとに、コメント情報を更新しています。また昭文社の持つ地図情報や、各種取材網を駆使し、膨大な数の道路や施設の経年情報(開通・開業・閉鎖・移転等)にも対応しています。絶景・快走路・ワインディング・ダートなどの道へのコメントから、温泉・道の駅・グルメ・名水・歴史スポット・ダム・キャンプ場などなど様々なジャンルへのコメントが今年も新たに追加・修正されています。

●便利な索引ページ
巻末には掲載範囲内の市区町村や、日帰り湯、キャンプ場の索引を収録しています。
★「市区町村索引」
ナビ入力にも対応できるよう、電話番号付き。また読みやすい「よみ仮名表示」もあり、使いやすくなっています。
★「日帰り湯索引」
料金・営業時間・ひとこと解説・電話番号、そして「宿泊の可否」情報が付属。宿泊が「○」の日帰り湯には、宿でなくても宿泊できる(朝まで過ごせる)入浴施設が含まれています。予定をあまり固めないツーリングや、予想以上に疲れたとき、ひどい雨にみまわれたときなど、この情報が役立つことでしょう。
★「キャンプ場索引」
料金・営業期間・電話番号のほか、「バイクでの乗入可否」の情報が付属しています。索引に掲載されているキャンプ場はごく一部ですが、地図上でコメント付きで紹介しているキャンプ場も多数あります。

●巻頭特集
取材担当者が各取材先で出会ったスポットやグルメなどを、写真とともに紹介。この特集から旅先、旅の目的が見つけられるような内容を目指しています。また、恒例となった「読者投稿ページ」は今年も健在。ユーザーからTwitterで写真を投稿してもらい、多数の応募写真の中から、著者ライダーによる選考を経て、各エリア10点ずつ掲載しています。

●折りたたみ地図
表面にはぱっと見で分かりやすい「高速道路網図」、裏面には「書き込み・塗りつぶし」用の、正縮尺の広域図を設けています。裏面は、書き込みのしやすさを維持しつつ、地図としての判別性も高めるため、ただの白図(モノクロ印刷)ではなく、青と黒の2色印刷で作成しました。通ったエリア・道を塗りつぶしたり、プランを記入したり、ぜひ旅の記録にご活用いただきたい地図です。

●東北担当ライダー紹介
賀曽利 隆
「鉄人カソリ」の異名を持つツーリング界のレジェンド。1947年東京生まれ。20歳の「アフリカ一周」を皮切りに、バイクで日本を世界を駆け巡る。2022年1月1日現在、旅した日数は8291日、バイクで走った距離は175万6515キロになる。『ツーリングマップル』は立ち上げた当初から「東北」を担当。「みちのくライダー」といわれている。東日本大震災以降、各地の復興の様子を発信しつづけている。2021年には東北の全式内社109社を巡った。「生涯旅人!」をモットーにしている。

ISBN13: 9784398658197

ISBN10: 439865819X

発売日/年版: 2022年版

判型: B5変

価格: 3,300 円(税込)

最近チェックした商品