カテゴリ

 
 
ガイドブック > 国内旅行ガイド > 東京のトリセツ2

東京のトリセツ2

【本書の特長】
全都道府県が出そろった好評のトリセツシリーズ。本書はそのなかでもとくに話題豊富な首都・東京の第2弾です。本書は地形、交通、歴史、産業・文化などのジャンルからその県ならではの知っておきたい面白いネタを拾ってきて紹介していますが、東京第2弾のコンセプトは「懐かしの東京を知る。江戸・明治・大正・昭和、時間を飛び越え、知らなかった東京を見つけよう!」。江戸城完成の秘密、高輪築堤出土!品川海上を走った鉄道、江戸幕府を支えた大名屋敷のいま、赤坂・麻布・青山は軍施設の密集地、飛鳥山に居を構えた渋沢栄一・・・などなど、今回もまた読み応えのある一冊に仕上がっています。

【見どころ】
■第1章 地形から読み解くあなたの知らない東京
最強の城・江戸城はこうして完成した/姿を消した渋谷川が再び川として蘇る/九品仏川は矢沢川に乗っ取られた?/標高たったの26m!? 家康ゆかりの愛宕山/23区内にある低山は江戸時代に増えた!?/品川台場のために切り崩された御殿山/日本初の上水・神田上水から玉川上水へ/東京市の水源確保のため多摩湖に沈んだ村/八王子と町田の境界にある戦車道路とは?

■第2章 東京の知られざる鉄道・交通網
高輪築堤出土!品川海上を走った鉄道/新宿ゴールデン街を都電が走った!/荒川放水路建設でねじ曲げられた東武線/かつて山手線はチョコレート色だった!/知られざる東京都港湾局専用線/江戸川を走っていたマッチ箱電車とは?/実働わずか8か月 国鉄武蔵野競技場線/奥多摩駅のさらに奥に東京都専用の鉄道があった/渋谷上空にロープウェイ!ひばり号とは?/道として使われた川−江戸時代の舟運/本土と伊豆諸島を繋ぐ東海汽船

■第3章 東京が誇る建造物・名建築をめぐる
高級住宅地・世田谷に200年前栄えた城があった/江戸幕府を支えた大名屋敷のいま/大名庭園は金食い虫だった!?/築地本願寺は海の上に建てられた/阿吽の武士像が鎮座する迎賓館赤坂離宮/明治・大正ロマンを感じる西洋建築/都内最古の石橋・常磐橋/まるで橋の博物館!隅田川橋梁群

■第4章 東京の歴史を地図と写真から紐解く
日本初!洋式造船所が石川島にあった/大相撲の前身・両国回向院の勧進相撲/わずか4年で終わった鹿鳴館時代/時代に翻弄された京王閣とは/中島飛行機武蔵製作所の悲劇/“軍都”と呼ばれた赤羽/赤坂・麻布・青山は軍施設の密集地/学徒たちは敵国の音楽で戦地へと送られた/大戦末期、国会議事堂は黒かった!?/遊郭が消滅し、赤線が誕生!?/東京戦争遺構地図/東大和市に残る銃痕 旧日立航空機立川工場変電所/北区立中央図書館に生まれ変わった弾丸工場/府中の巨大なパラボラアンテナの正体

■第5章 東京ゆかりの人物が愛した東京の街
90年で引っ越し90回以上!葛飾北斎とすみだ/正岡子規と文人の集う根岸の里/飛鳥山に居を構えた渋沢栄一/東急グループを作り上げた鉄道王・五島慶太/西部王国を築いた堤康次郎と国立学園都市/夏目漱石−『三四郎』が誕生した早稲田/森鴎外が愛した千駄木/青年期までの芥川龍之介を育んだ両国/向島のラビラント−私娼窟・玉の井と永井荷風/太宰治が好んだ三鷹の跨線橋も見納め?/多くの文士・芸術家が集まった馬込文士村

ISBN13: 9784398148513

ISBN10: 4398148515

発売日/年版: 2022/1/27

判型: B5変

価格: 1,980 円(税込)

最近チェックした商品