書籍 > 宮崎のトリセツ

宮崎のトリセツ

地形、交通、歴史、産業…あらゆる角度から宮崎県を分析!

【本書の特長】
日本の各県の地形や地質、歴史、文化、産業など多彩な特徴と魅力を、地図を読み解きながら紹介するマップエンターテインメント。宮崎の知っているようで知られていない意外な素顔に迫ります。思わず地図を片手に、行って確かめてみたくなる情報を満載!

【見どころ】
■Part.1 地図で読み解く宮崎の大地
宮崎県の地形総論/えびの市〜小林市の盆地を生んだ約34万年前のカルデラ噴火とは?/周囲約1.5劼寮津膩狙にも関連!島を取り囲む「鬼の洗濯岩」の謎/二等辺三角形をなす宮崎平野の成り立ちと段丘が発達するわけ/日南市の鵜戸千畳敷や猪崎鼻に刻まれた驚きの地質構造とは?/日向岬から伊勢ケ浜まで約4.5辧 海岸線の柱状節理ができたしくみ/花崗岩が露出する大崩山はカルデラ火山の地下部分!?/火山がつくった高千穂峡の絶景と九州最古の岩石でできた祇園山/約3万年前まで全面が湖だった!? 都城盆地が形成されるまでの謎

■Part2 宮崎を駆け抜ける鉄道網
小倉〜鹿児島間を結ぶ大幹線、特急「にちりん」が走る日豊本線/日本三大車窓の矢岳越えほか、沿線の大自然が魅力の肥薩線/かつて博多〜宮崎間を結んだ特急「おおよど」が走った吉都線/リゾート特急「海幸山幸」が快走! 志布志線から発展した日南線の歩み/消えた高千穂鉄道高千穂線と高さ日本一の高千穂橋梁の今/実用化へ向け技術開発を行った日向灘沿い7劼離螢縫⊆存垣/宮崎県営鉄道として宮崎駅を初開業、佐土原〜杉安間を結んでいた妻線/蓄電池動力の車両も運用していた南宮崎〜内海を結んだ宮崎交通線

■Part3 宮崎で動いた歴史の瞬間
古代史総論/日本建国の礎を築いたとされる初代天皇・神武天皇は日向生まれ!?/巨大古墳をはじめ数百基の古墳が密集する西都原古墳群とは?/7世紀末に日向国が成立 その後薩摩国と大隅国が独立/中世史総論/日向伊東氏と薩摩島津氏が激突! 九州の桶狭間と呼ばれる木崎原合戦/木崎原で敗れた伊東氏が豊後落ち 豊後大友氏vs島津氏の耳川合戦が勃発/近世史総論/城下を中心に交通路が整備され地場産業が発展していく/領主を転封に追い込んだ延岡藩で起きた山陰一揆とは?/近現代史総論

ISBN13: 9784398148476

ISBN10: 4398148477

発売日/年版: 2021/12/21

判型: B5変

価格: 1,980 円(税込)

最近チェックした商品