地理・図鑑 > 横浜・川崎・鎌倉凸凹地図

横浜・川崎・鎌倉凸凹地図

近年、「ブラタモリ」などの番組で紹介され愛好家が増えている、高低差に富んだ地形を歩いて楽しむ「スリバチ散歩」。
横浜、川崎、鎌倉を中心とした神奈川県東部は丘陵地、台地、低地、海岸線が入り組んで複雑な地形を織りなしており、スリバチ地形の宝庫ともいえます。本書は散歩に適した1万分の1及び2万分の1の地図を基本に凸凹地形を極力正確に表現した「スリバチ地図帳」です。地図上には地形や古道、暗渠、坂道や階段に詳しいその道の達人たちの協力のもと、スリバチ散歩に欠かせない情報もたっぷりと盛り込まれています。さあ、この地図帳を手に地形散歩の旅に出かけましょう!

■1万分の1、2万分の1の縮尺で高精度の高低差表現を実現した凸凹地図帳!
これまで地図上でのリアルな表現が難しかった高低差のある地形を1万分の1および2万分の1の縮尺で精密に表現。横浜・川崎・鎌倉エリアの丘陵地、台地、低地、海岸線が入り組んだ複雑な地形が手に取るようにわかる画期的な地図です。

■地形の達人たちによる、歩いて楽しい情報が満載!
テレビや書籍などで近年注目を集めている、高低差地形のフィールドワーク。この地図帳には高低差表現だけでなく、スリバチ(窪地)地形、古道・旧道・石碑・石仏、暗渠、坂道や階段・・・などの情報もたくさん入っています。また、地形の達人たちから提供されたとくにおすすめの見どころを巻末に掲載。スリバチ愛好家に必携の一冊となっています。

■散歩のメモに書きやすい用紙、巻末にはメモ帳も収録
散歩のお供に必携の地図とするため、この地図は鉛筆でも書きやすい用紙を採用。巻末には散歩で得た情報を書き留められるメモ帳も収録しました。

【監修者】
・鈴木喜雄(すずきよしお)
 神奈川スリバチ学会会長。1974年生まれ、神奈川県出身。2015年に神奈川スリバチ学会を設立。凸凹を通じて神奈川の魅力を探り、年4回のペースで街歩きイベントを主催。

・井上 建(いのうえ たける)
 神奈川スリバチ学会顧問。明治・大正期の小説の風景が東京近郊のスリバチに遺されていることに感銘を受けて地形散歩の世界に入る。現在の興味は、城と古道と町と地形の関係。

・喜清みずほ(きしょうみずほ)
 鎌倉観光ガイド。東京都出身。「楽しんでもらうこと」を第一に、多様な情報提供で鎌倉案内を展開。NHK『クイズ100人力』に鎌倉の達人として出演。

・皆川典久(みながわのりひさ)
 東京スリバチ学会会長。1963年群馬県前橋市生まれ。2003年にGPS地上絵師の石川初氏と東京スリバチ学会を設立。『ブラタモリ』をはじめ多数のメディアに出演。

【協力者】
盪咳冀法覆燭やまひでお)、吉村生(よしむらなま)、河北直治(かわきたただはる)、久保淳(くぼあつし)

ISBN13: 9784398147653

ISBN10: 4398147659

発売日/年版: 2021/09/27

判型: A5

価格: 2,200 円(税込)

最近チェックした商品