カテゴリ

 
 
地図 > 東京スリバチの達人 分水嶺東京南部編

東京スリバチの達人 分水嶺東京南部編

江戸から東京へ。時空を超える地形探訪。

【本書の特長】
東京は高低差のある坂や窪地がいたるところにあり、近年、そのようなスリバチ状の地形を歩いて楽しむ散歩が人気だ。本書は東京スリバチ学会会長でもあり、この世界では知らない人がいない“スリバチの伝道者”こと皆川典久氏による待望の新刊。現代のスリバチ地図に明治・江戸の地図を加え、東京の町が時代とともにどのように変化していったかをも探求していく、まさに達人ならではの新たなスリバチワールドが始まる!本書は、東京を「水系」で分けた南部編を掲載。

【見どころ―目次より抜粋】
■掲載エリア
赤坂川水系・渋谷川水系・目黒川水系・呑川水系
1  永田町・赤坂
2  四ツ谷・千駄ヶ谷
3  芝・芝浦
4  麻布・天現寺橋
5  六本木・青山
6  渋谷・宇田川町
7  原宿・明治神宮
8  代々木
9  品川宿・大井
10 白金・高輪
11 戸越・大井
12 目黒不動・桐ケ谷
13 中目黒
14 池尻
15 大森・山王・馬込
16 洗足池・大岡山

【著者】
皆川典久(みながわ のりひさ)
東京スリバチ学会会長。1963年群馬県前橋市生まれ。東北大学工学部建築学科卒業。2003年に東京スリバチ学会を設立、凹凸地形に着目したフィールドワークを主宰し、観察と記録を続けている。2012年に「凹凸を楽しむ東京『スリバチ』地形散歩」(洋泉社)を上梓、翌年には続編を刊行。独特な視点は今日における「地形ブーム」の先駆けとなった。2012年から4年間、東北大学非常勤講師として復興支援に協力。2014年には町の魅力を発掘する手法と取り組みが評価され、東京スリバチ学会としてグッドデザイン賞を受賞した。地形マニアとして、「ブラタモリ」(NHK総合)や「タモリ倶楽部」(テレビ朝日系)などのTV番組に出演。法政・大学非常勤講師の他、江戸・東京研究センターの客員研究員、高低差建築学会会長、沿道商店街組合理事など。

ISBN13: 9784398145956

ISBN10: 4398145958

発売日/年版: 2020/12/14

判型: A5

価格: 1,650 円(税込)

最近チェックした商品