カテゴリ

 
 
地理・図鑑 > 東京スリバチの達人 分水嶺東京北部編

東京スリバチの達人 分水嶺東京北部編

時代を経て、東京の地形はこうして作られた!

【本書の特長】
東京には数多くの窪地や谷間があり、湧水・水流によって形作られた姿を“スリバチ”と名付け、長年フィールドワークを続けてきた著者。武士と町人が共存した江戸時代、太平洋戦争前までの帝都、そして現代のメトロポリス・TOKYOへと変遷する様子が、大地の記憶から浮かび上がる。地形ブームの火付け役ともいえる著者が、水都・東京の魅力を読み解き、これまでの発見を集大成した新刊。本書は、東京を「水系」で分けた北部編を掲載。

【見どころ―目次より抜粋】
■掲載エリア
紅葉川水系・神田川水系・谷端川水系・石神井川水系・荒川水系
1  番町・千鳥ヶ淵
2  河田町・荒木町
3  柳橋・日本橋
4  本郷・不忍池
5  市谷・神楽坂
6  大久保・新宿
7  雑司が谷・池袋
8  落合・おとめ山
9  茗荷谷・小石川
10 根津・谷中・千駄木
11 王子・駒込
12 板橋宿
13 浅草・鳥越
14 上野・根岸
15 赤羽
16 志村・前野

【著者】
皆川典久(みながわ のりひさ)
東京スリバチ学会会長。1963年群馬県前橋市生まれ。東北大学工学部建築学科卒業。2003年に東京スリバチ学会を設立、凹凸地形に着目したフィールドワークを主宰し、観察と記録を続けている。2012年に「凹凸を楽しむ東京『スリバチ』地形散歩」(洋泉社)を上梓、翌年には続編を刊行。独特な視点は今日における「地形ブーム」の先駆けとなった。2012年から4年間、東北大学非常勤講師として復興支援に協力。2014年には町の魅力を発掘する手法と取り組みが評価され、東京スリバチ学会としてグッドデザイン賞を受賞した。地形マニアとして、「ブラタモリ」(NHK総合)や「タモリ倶楽部」(テレビ朝日系)などのTV番組に出演。法政・大学非常勤講師の他、江戸・東京研究センターの客員研究員、高低差建築学会会長、沿道商店街組合理事など。

ISBN13: 9784398145949

ISBN10: 439814594X

発売日/年版: 2020/12/14

判型: A5

価格: 1,650 円(税込)

最近チェックした商品