こんな時だからおすすめしたい本 > 空想旅に最適 > ことりっぷマガジン Vol.24 2020春

ことりっぷマガジン Vol.24 2020春

気持ちが高まる春、高揚感がさらにアップする、小さい旅へこの春はおでかけしませんか?
その場所に一歩入っただけで、非日常を感じることができ、心奪われる風景に出会える外国みたいな場所へ。目にとびこんでくる童話の舞台のような景色、どこまでも広がる森や空の壮大な景色など、週末にふらりとでかけたい穏やかな時間を過ごせる旅先をご案内します。

【特集】「外国みたいな場所へ」
京都・亀岡の山奥に突如現れる、古きよき英国の片田舎のような場所。中に一歩入ると緑豊かな自然と、石造りの建物、マフィンや紅茶などもいただけ、京都の山奥で、イギリスを旅行しているかのような気分にさせてくれる「村」があります。かつてはキリスト教の研修地であった山梨・清里の清泉寮やその周辺にある「萌木の村」ではヨーロッパを思いおこさせるガーデンやカフェ、雑貨店などを訪ねて。群馬・北軽井沢はかつて別荘地であった場所にフィンランドの思想を取り入れた素敵なエリアがあります。敷地内で蜂蜜を育てたり、ブックカフェがあったり、自然と一体になれるアクティビティーの体験も。滋賀・米原には、イングリッシュガーデンと羊に癒される庭園へ。春めく季節に豊かな気持ちになれそうな休日を過ごしてみませんか?

【特集】「異国を旅する気分で横浜へ」
東京からたった30分の異国「横浜」。あらためて湊町横浜の、フォトジェニックな場所を探しに、春のおさんぽにいきませんか。古きよき場所が残る横浜の山下公園周辺で「まだ見たことのない風景を探しに」1日さんぽ。過去に思いを馳せながら、いつも見る「氷川丸」の中でタイムスリップ。氷川丸停船場から見る「ニューグランドホテル」ではホテル発祥のメニューに舌鼓、そのあとは圧倒される内観の建築美に酔いしれて。山下公園から、レトロな古きよき横浜とさらに新しい横浜に出会えることでしょう。

【連載】京都よりみちこみち/東京だより
本号より好評をいただいていた「京都さんぽ」の続編の「京都よりみちこみち」がスタートします。小さい路地や通りの謂れなどにも注目しながら、通りを寄り道を愉しむ企画です。今回は、京都四条通りとその南の通りを結ぶ「膏薬辻子(こうやくのずし)」とその周辺エリアの特集になります。「東京だより」は、メルヘンな場所をたずねる「吉祥寺」の特集です。

●収録エリア
京都・亀岡、山梨・清里、群馬・北軽井沢、滋賀、神奈川・横浜 ほか

誌面画像はこちら

ISBN13: 9784398292193

ISBN10: 4398292195

発売日/年版: 2020/03/09

判型: A4変

価格: 693 円(税込)

最近チェックした商品