カテゴリ

 
 

東京極楽酒場

上野のアメ横・ガード下界隈をはじめ、居酒屋の集まった飲み屋街で、昼間から酒を飲む光景がすっかり定着。中年男性だけではなく、若いサラリーマンやOLの仕事仲間、趣味や遊びの同好の士、買い物がてら一杯楽しむ女性同士ら客層の幅が広がっている。働き方改革が浸透し、オフ以外のウィークデイでも早くから酒場へ繰り出すことも増えている。本書では、女性居酒屋ライターとして頭角を現してきた中沢文子氏を起用、自ら日々飲み歩き、膨大な取材で得た豊富な知識とイケてる店を嗅ぎつける独特の‘酒勘’で、いま最も熱い昼飲み酒場を集大成。

【注目1】全店午後3時半から飲める人気居酒屋をセレクト
上野アメ横ガード下や新宿思い出横丁、新橋の居酒屋ビル、立石呑んべ横丁をはじめ、浅草、池袋、赤羽、錦糸町、北千住、阿佐ヶ谷や高円寺などのJR中央線沿線など、東京の飲み屋の聖地から選りすぐりの人気店を徹底取材。明るいうちから一杯やれる‘昼飲み昇天酒場’大カタログ!

【注目2】巻頭特集は、ニューウェーブVS酒場遺産
新時代にふさわしいニューウェーブ飲み屋と、わざわざ足を運びたい老舗を`酒場遺産’と名付け、女酒豪・中沢文子が渾身の体当たり取材で店の魅力を伝える。

【注目3】マスコミで活躍する女酒場ライター4人がぶっちゃけ酔っ払いトーク
この本を監修する中沢文子は、テレビ東京系『TVチャンピオン極〜KIWAMI〜』の「大衆酒場 せんべろ女王決定戦」で準優勝した強者。さらにBS-TBSの『おんな酒場放浪記』のレポーターで人気モデルの倉本康子、若手コラムニスト・朝井麻由美、注目酒場ライター・シマヅのいずれ劣らぬ‘うわばみ’四天王が座談会。最近の居酒屋事情が明らかになる。

●収録エリア
上野・御徒町、赤羽・王子、亀戸・錦糸町、京成立石、北千住・綾瀬・三ノ輪、浅草、新宿、恵比寿、渋谷、阿佐ヶ谷・高円寺・荻窪・西荻窪、新橋・有楽町、池袋


誌面画像はこちら

ISBN13: 9784398292308

ISBN10: 4398292306

発売日/年版: 2019/10/11

判型: AB

価格: 990 円(税込)

最近チェックした商品